週刊宇宙ビジネスニュース2017.02.06-02.12

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届け!

2月18日にファルコン9ロケットの打ち上げが予定されているケネディ宇宙センターの39番発射台
Image Credit: NASA

2月18日、国際宇宙ステーションに物資を届ける補給船「ドラゴン」を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げをスペースXが行います。ファルコン9は、昨年2016年9月の事故以来、2度目の打ち上げです。今回も1月の打ち上げに引き続き、第1段ロケットを船に着地させる予定です。

さらに、スペースXは2月18日の打ち上げ以降、2~3週間ごとに打ち上げを行う計画を発表しています。今までよりも打ち上げ間隔を短くするようです。事故の影響で打ち上げの順番待ちをしている衛星があるため、より早く打ち上げられることをアピールして顧客の信頼を回復するための計画とも言えるでしょう。

もう一つ注目すべきポイントは、今回のファルコン9はあのスペースシャトルが打ち上げられたケネディ宇宙センターの「39番発射台」から打ち上げられるということです。伝説の発射台からの打ち上げにより、スペースXは次の章へ、という筋書きも含んでいるのかもしれません。いずれにせよ、注目の打ち上げですね。

https://twitter.com/SpaceX/status/829422029245919232
キャプション:スペースXのツイート

その他の今週の宇宙ビジネスニュース