宇宙ニュース

通信衛星も厳しい価格競争の時代へ

本ではあまり馴染みのない通信衛星だが、世界をみてみると、地上の通信インフラが整備されていない地域では、インターネットにアクセスする手段として、通信衛星が多く使われている。とりわけアフリカは、地上インフラの整備が遅れており、通信衛星市場にとっては注目の市場である。 SNSの巨人、facebookもアフリカの通信市場への参入を表明していたが、2016年9月のSpaceXの打上げ失敗により、Eutelsatと共同で使用予定だった通信衛星Amos-6を失ってしまい、計画がとん挫している。

宇宙ニュース

週刊宇宙ビジネスニュース2017.02.20-02.26

2月21日、民間で月面探査を目指す日本のチーム「HAKUTO」が、月に向けて2017年中に打ち上げるローバーの名称を発表しました。その名は「SORATO(ソラト)」。漢字で書くと「宙兎」となる、HAKUTOらしい名称ですよね。SORATOを載せて月まで運ぶのはインドのPSLVロケットで、打ち上げ日は2017年12月28日を予定しています。