急成長する中国の宇宙開発~注目民間ロケット企業と世界初への挑戦~

世界の宇宙ニュースを宙畑編集部が、易しく解説!

中国独自の宇宙ステーション建設に世界初のローバーによる月面裏側の探査など、壮大な計画を打ち立てている中国。 

あまりメディアで語られる機会が少ない中国の宇宙開発だが、本記事では宙畑が注目する民間のロケット開発企業2社と月面裏側の中継衛星について紹介しよう。

中国の民間ロケット開発会社(1) LandSpace

TQ-2エンジンイメージ
Image Credit: LandSpace

LandSpaceは2015年に設立され、2018年4月に約3,200万ドルのシリーズBでの投資を受けた、民間ロケット開発会社だ。政府の下で働いていたトップのロケット技術者たちがLandSpaceを設立しており、現時点では中国民間会社で最も技術力が高いグループと言われている。

LandSpaceは、液体酸素・メタンによる10トン級ロケットエンジンであるPhoenixの燃焼試験に、中国の民間会社で初めて成功した。

LandSpaceが開発中の次期ロケットは、70トン級のTQ-2ロケットエンジンである。酸化剤に液体酸素、推進剤にメタンを使用し、ZQ-2というロケットに搭載される。ZQ-2ロケットの打ち上げ能力は、500kmの太陽同期軌道に1,500kgのペイロード、200kmの地球低軌道に3,600kgのペイロードになる予定だ。これは米国、ニュージーランドをベースにするRocket LabのElectronロケットの約10倍に相当する打ち上げ能力である。

このまま開発が進めば、中国は米国、ロシアに次ぐ、世界で3番目に液体酸素・メタンによるロケットエンジンを民間で開発した国になるだろう。

中国の民間ロケット開発会社(2) OneSpace

OS-X打ち上げテスト
Image Credit: OneSpace

OneSpaceは、弾道飛行中に技術テストや実験を行うことができる、OS-Xというロケットを5月17日に高度39kmまで打ち上げたと発表した。衛星打ち上げ用のOS-Mロケットも同時に開発している。

OneSpaceはRocket LabやVector Space Systems同様、小型衛星打ち上げロケットに可能性を見出しており、小型ロケット開発に力を入れている。

現在、中国には民間打ち上げ会社だけでも上記の2社に加え、LinkSpace、iSpace、ExPaceがあり、開発競争が激しくなっている。

月面の裏側へ~中国が狙う世界初~

中継衛星Queqiaoイメージ
Image Credit: CNSA

中国は月探査ローバーを月の裏側へ着陸させるという、成功すれば世界初になる偉業の達成を目指している。その第一歩に、月の裏側を探査するローバーと地球間の通信を中継する衛星Queqiaoを5月20日に打ち上げた。

Queqiaoは月裏側から64,000km離れた、ラグランジュポイント2(*1)に配置される予定である。

月の裏側は地球に面することは決してないため、地球から見ると月の影に位置するローバーは、地球の通信局と直接通信することができないのだ。しかし、ラグランジュポイント2に位置する中継衛星は、月の影に隠れることがなく、ローバーと地球の両方と通信を行うことができる。

この中継衛星が予定通り機能することが確認されれば、2018年末にローバーは打ち上げられる予定である。

各国が宇宙開発に力を入れる中、中国の急成長する宇宙開発には目を見張るものがある。これからの動向に目を離せない国の一つである。

出典元

2018/05/29, SPACENEWS, Analysis | The rise of China’s private space industry
http://spacenews.com/analysis-the-rise-of-chinas-private-space-industry/
2018/05/22, SPACE.com, China Joins Private Space Race with Landmark OneSpace Rocket Launch
https://www.space.com/40662-china-first-private-spaceflight-launch.html
2018/05/21, SPACE.com, China Launches Relay Satellite for Mission to Moon's Far Side
https://www.space.com/40646-china-queqiao-moon-relay-satellite-launch.html
2018/05/29, Kr ASIA, Chinese Equivalent of SpaceX Raises US$ 32 Million in Series B Round to Develop the Country’s First Privately Funded Liquid Rocket Engine
https://kr-asia.com/chinese-equivalent-of-spacex-raises-us-32-million-in-series-b-round-to-develop-the-countrys-first-privately-funded-liquid-rocket-engine/

関連記事

小型ロケットベンチャーは成功するか~鍵となる3つのポイント~
インドの宇宙開発は何が凄いのか~PSLVロケット、技術、予算、計画~
世界最小ロケットSS-520から考える小型ロケットの可能性~大きさ、費用、メーカー~