世界初開催!世界の最先端に触れる、宇宙探査をテーマにした次世代向けアイデアソン「Y-ISEF」応募締切まで後3日

Image Credit:NASA/JPL-Caltech/MSSS

宇宙をテーマにした「Startup Weekend Tokyo Space」、大盛況で開催終了

2017年11月3日(金)〜5日(日)の3日間にかけて「宇宙ビジネス」をテーマにしたスタートアップ体験イベント「Startup Weekend Tokyo Space」がNPO法人Startup Weekend主催で開催された。

初日に持ち寄りの宇宙ビジネスアイデアを60秒ずつ発表し、投票。選抜後のアイデアでチームを編成し、メンターのアドバイスを受けながらアイデアをより具体化し、最終日に発表するというもの。

「宇宙」をテーマとするStartup Weekendは日本初の試みで、宇宙ファンと課題をもつ人との新たな出会いの場となった。

本イベントのレポートは後日公開予定なので、お楽しみに。

世界の宇宙探査最先端をいくビジネスカンファレンスが日本で開催される

 世界各国から閣僚が集まり、宇宙探査について語り合うビジネスカンファレンス「国際宇宙探査フォーラムISEF」が2018年3月3日、東京都で開催される。今回、このイベントに紐づいたサイドイベントが世界で初めて2つ開催される。I-ISEFとY-ISEFである。

ISEF: 世界から閣僚と企業が集まるメインイベント
I-ISEF: 産業界が集まる豪華なサイドイベント
Y-ISEF: 次世代を担う若者によるアイデアソンイベント

宇宙探査をテーマにした「次世代向けアイデアソン Y-ISEF」締切が間近に迫る

「国際宇宙探査フォーラム ISEF」のサイドイベント、「次世代向けアイデアソン Y-ISEF」は、今、宇宙に携わっていなくても参加することができるサイドイベントだ。世界の宇宙ビジネスの先駆者たちと、未来の宇宙探査について直接議論し、交流することができるアイデアソン。このイベントの特徴を完結にお伝えしよう。

1 世界初のサイドイベントである

ISEFの開催は2回目だが、サイドイベントが開催されるのは今回、日本での開催が初めてである。つまり、世界初のサイドイベントということだ。

2 世界でも例を見ない「宇宙探査」をテーマにしたアイデアソン

舞台は月、小惑星、火星の探査、開発、利用。これをテーマにした国際アイデアソンは世界でも殆ど例がない。

3 世界のヤングプロフェッショナルとの絆

世界各国から参加者が来日。少なくとも2日間、最大で4日間共に行動し、イベント後も続く一生の繋がりを作ることができる。

4 豪華講師陣

ファシリテーターは日本が世界に誇るコンセプチュアルな衛星「ほどよし衛星」プロジェクトなどを推進してきた、慶應義塾大学システムデザインマネジメント研究科の白坂成功先生。そのほかメンターや審査員に各国の有識者や若手リーダーが参加する。

5 産業界向けサイドイベントI-ISEFで登壇し、世界の宇宙企業と繋がる

優勝者は翌日のI-ISEF登壇権利、そのほかスポンサー企業のいくつかから、豪華スポンサー賞が提供される予定だ。

応募資格はたったの3つ

応募資格は、
・若者であること
・英語で会話できること
・全日程に参加できること

これだけである。

選考を通過すると、
・12月以降、宇宙の専門家にサポートを受けながらグループに分かれて準備
・2月28日 JAXA施設ツアー及び事前ワークショップ
・3月1日 ワークショップ
・3月2日 産業界向けイベント「I-ISEF」への参加
・3月3日 キャリア形成のためのメンタリング

以上のプログラムを無料で体験することができる。

特に、I-ISEFは、宇宙ビジネスを志す若者にとって貴重な機会となるだろう。I-ISEFの登壇者は、大企業からベンチャーまで、月・小惑星・火星をビジネス領域とする多様な宇宙探査事業者や、それを支える政府、投資家。そして、パートナーとなる他産業企業だ。宇宙ビジネスを志すなら、ぜひ知っておきたいプレイヤーが多数登場する。

宇宙探査への第一歩を、踏み出すなら後3日

本プログラムは下記ウェブサイトから応募できる。
宇宙探査への大きな第一歩を、踏み出してみてはいかがだろうか。

*イベント詳細
Y-ISEF for Young Professionals
次世代のためのアイデアソン
応募締切:2017/11/10(Fri)17:00
日程:2017/2/28(Wed)~3/3(Sat)
場所:東京都内
共催:文部科学省、宇宙航空研究開発機構JAXA
後援:宇宙世代諮問委員会(SGAC)

ウェブサイト(日本語)
http://www.isef2-se.space/

WEBSITE(English)
http://www.isef2-se.space/y-isef/en/

Facebook
https://www.facebook.com/YISEF.IISEF/

Twitter
https://twitter.com/YISEF_IISEF