新しいビジネスを、宇宙で始めよう。
「宇宙が分かる」情報サイトへようこそ。

特集

宇宙ビジネスとは~業界マップ、ビジネスモデル、注目企業~

宇宙ビジネスと聞いて、みなさんはどんなイメージを浮かべるだろうか。おそらく宇宙旅行や人工衛星を使った何かといったイメージをすることはたやすいかと思うが、NASAやJAXAなどの政府機関で進めている事業であって、民間レベルでは「まだあまり現実的ではない、いつかやってくる未来」と感じる人が多いかもしれない。 だが、NASAもJAXAも民間企業なしで宇宙開発を行っているわけではない。また、独自にロケットや人工衛星を作り始めたベンチャー企業、既存の人工衛星を自社事業に利用している企業もある。これらすべて宇宙ビジネスである。

宇宙ニュース

宇宙から森林を救う!

2014年にメリーランド大学が明らかにした研究によると、パラグアイのChacoの低木林は地球上でもっとも速いスピードで、森林を消失しているそうだ。原因は色々あるが、大きく寄与しているのは大豆栽培と牧畜である。農家は自身の土地の25%を森林として残さなければならないというルールがあるものの、農民は政府主導の農業規制に従わないという。

宇宙ニュース 特集

地球観測のパラダイムシフトと将来予測(後編)

前編に引き続き、イタリア・ローマで行われた、地球観測セミナーの様子をレポートする。セミナーは大きく2つに分かれており、前半のテーマはパラダイムシフト(革命的な変化)、後半のテーマは将来予測だ。 後半戦では、Google EarthやAmazon Web Serviceなど、誰もが知るITプラットフォームで世界を席巻する企業のキーパーソンが、地球観測の将来について語った。

宇宙ニュース 特集

地球観測のパラダイムシフトと将来予測(前編)

2017年5月11日、イタリア・ローマで、欧州宇宙機関(ESA)地球観測に関するセミナーが開催された。セミナーは大きく2つに分かれており、前半のテーマはパラダイムシフト(革命的な変化)、後半のテーマは将来予測。 登壇したのは、PlanetやUrthecastなど超小型衛星ベンチャーの有望株を始め、Google EarthやAmazon Web Serviceなど、誰もが知るITプラットフォームで世界を席巻する企業のキーパーソンばかりだ。

特集

衛星リモートセンシングベンチャー企業とビジネストレンド 2017

宇宙開発は国家機関がやることだと思われがちですが、近年では民間ベンチャー企業が数多く起業し、宇宙ビジネスが盛んになってきています。特にアメリカでは、シリコンバレーを中心に宇宙ベンチャー企業が多く揃っています。今回から3回に分けて、前回紹介しきれなかった企業について詳しく解説していきます。また、日本のベンチャー企業についても合わせて紹介します。