ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資【週刊宇宙ビジネスニュース11/19~11/25】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

2025年、大阪万博が開催されることが発表されましたね。
2020年にはMars2020が打ち上げられ、火星に着陸する予定です。この探査機のサンプルは回収し、地球に持って帰ってくる予定なのだそうです。前回の大阪万博では月の石が展示されていたそうですが、次の大阪万博では火星の石が展示される可能性もあるかも?なんて思うと少しわくわくしませんか?

【今週(11/19~11/25)のピックアップ】
1.ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資
2.オーストラリアは宇宙技術とAIに重点投資
3.年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ

1.ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資

LEO startup raises $39.5 million for constellation to watch Earth and space

NorthStar Earth and Spaceが計画されている40衛星群は、ハイパースペクトルと赤外線カメラで地球を、光学カメラで宇宙空間を観測します
Image credit:NorthStar Earth and Space

軌道上のデブリの監視や地球のモニタリングを目的とした40基のコンステレーション衛星群を計画しているスタートアップ企業NorthStar Earth and Spaceが、約40億円の資金調達を得たというニュースです。

衛星にはハイパースペクトルカメラと赤外線カメラ、光学(可視光)カメラを搭載予定で、従来の光学カメラに比べ、地球の様子をより詳細に把握することができます。この衛星の観測結果は、水質保全、森林保全、農作物の生産性向上、石油・ガスモニタリングなど多くの分野で活用されることが期待されています。
さらに、地上だけでなく、30万を超えるデブリの正確な軌道把握も可能になるかもしれません。

この計画は当初より1年遅れ、2021年にサービスを開始する予定のようです。

また、今回の記事ではこの計画に必要な人材の確保にも触れています。現在20名ほどで体制されているところを、ゆくゆくは高いスキルを持つ人材を400名、ビックデータの解析などほかの業務に1200名ほどの雇用を創出する予定のようです。
今後この計画が実現に向かうことは、宇宙利用を促進する人材も育っていくことにも繋がるかもしれません。

【今週(11/19~11/25)のピックアップ】
1.ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資
2.オーストラリアは宇宙技術とAIに重点投資
3.年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ

【宙畑のおすすめ記事】
軌道上サービスは宇宙市場の起爆剤か~企業、市場規模、需要と課題~
衛星データのキホン~分かること、種類、頻度、解像度、活用事例~
巷で見つけた衛星データの可能性5選と第1回「#衛星データ使えそう」アイデア募集!