特集 インタビュー

宇宙ビジネスの仕掛け人、神武直彦氏が語る「事業創出の3つのカギ」とは

宙畑では日々宇宙ビジネスに関する情報をお届けしていますが、いつもご紹介している宇宙ビジネスはどうやって作り出されているのでしょうか。 本記事では宇宙ビジネスの始まりの部分に焦点を当てるため、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科で社会課題解決のための事業創出と人材育成に精力的に取り組まれている神武直彦教授にお話をお伺いしました。

特集

H2Aロケット 40号機の打ち上げと小型衛星の可能性 ~搭載衛星6機のスペックとミッション~

2018年10月29日(月)、日本の種子島宇宙センターより、H2Aロケット40号機が打ち上がりました。 搭載した衛星は、全部で7機。JAXAの開発する温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号(GOSAT-2)」、ドバイの宇宙機関が開発し地球観測を行う「KhalifaSat」、そして大学が開発した小型の衛星5機です。 本記事では搭載衛星それぞれのご紹介と、小型衛星に注目して利用用途やポイント、これからの展望をご紹介します。

特集

衛星画像解析が変わる!? 「Google Earth Engine」の何がすごいのか

「一部の人だけができる衛星画像解析」から「誰もが気軽に触れる衛星画像解析」へ。 近年、衛星画像解析が大きく変わろうとしています。その兆しのひとつとして挙げられるが「Google Earth Engine」です。 これまでの衛星画像解析と何が違って何ができるのか、早稲田大学教育学部・講師で、衛星地球観測学を専門とされている永井さんに教えていただきました。

特集

温暖化で注目!北極海航路の現状とメリデメ、衛星で将来性を検証

”北極海航路”という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 名前の通り北極海を通る航路のことです。アジアからヨーロッパに船で向かうときにわざわざ南を大回りしていくのではなく、北極海航路を通ることで燃料費や輸送時間を短縮できると考えられ、数年前から話題になっています。 本記事では北極海航路のメリット・デメリットを解説。また、温暖化の影響で北極の氷が小さくなって通航できる期間が増えているという説もありますが果たして本当に増えているのか、衛星画像から検証してみました!