宇宙ニュース

国連も宇宙ビジネスをサポート:将来の宇宙安全保障に注力

今までにルールが存在していなかった宇宙分野の利用方法について、国際協力の促進のために、国連宇宙部は、宇宙空間での安全保障、サービスの持続可能性、サイバーセキュリティ、発展途上国の参入などの観点から宇宙法として制定していくべきことについて議論するワークショップを開催した。

宇宙ニュース

時間の概念が加わった新しい地図の使い道を募集中

史上最大数の超小型衛星群を運用しているPlanet(旧Planet Labs)が、地図に時間の概念を追加したWebアプリ『Planet Explorer』のベータ版を公開した。 今まで世の中に公開されていた衛星画像(編集注:Google mapなど )は、数年前に撮影されたものがほとんどだった。これに対し、『Planet Explorer』のユーザーは、衛星で日々撮影された画像をオンラインで見ることができる。

宇宙ニュース

通信衛星も厳しい価格競争の時代へ

本ではあまり馴染みのない通信衛星だが、世界をみてみると、地上の通信インフラが整備されていない地域では、インターネットにアクセスする手段として、通信衛星が多く使われている。とりわけアフリカは、地上インフラの整備が遅れており、通信衛星市場にとっては注目の市場である。 SNSの巨人、facebookもアフリカの通信市場への参入を表明していたが、2016年9月のSpaceXの打上げ失敗により、Eutelsatと共同で使用予定だった通信衛星Amos-6を失ってしまい、計画がとん挫している。