Google子会社Terra Bellaを3億円超でPlanetが買収: 画像データの新時代

世界の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部が、易しく解説!

Terra Bellaの衛星で撮影されたイスタンブール(2016/09/29) 船の1隻まで識別できる高解像度な画像を提供できる。
Image: Terra Bella

新宇宙ビジネスを牽引する2社間の買収

Planet Labs (以下、Planet)は2月3日、Googleを親会社に持つTerra Bellaを買収したと発表した。この買収にはTerra Bellaが所有する衛星コンステレーション*1を含む。今回の買収にあたりTerra Bellaを手放すこととなったGoogleは、今後Planetから画像データを買うことに同意し、数年分の契約が両社間で結ばれた。

補完しあう両社の衛星画像サービス

Planetは、Terra Bellaの活動を高く評価し、今回の契約に非常に満足しているようだ。
本契約でPlanetは高解像度衛星画像を手に入れる。
Terra Bellaが所有していたSkySat衛星(7機)は指定された場所を1メートル以下の高解像度で高頻度に撮影することを得意とする。一方、Planetが元から所有している衛星は地球全体をまんべんなく撮影することを得意としており、3~5メートルの解像度で画像を収集する。
2社の衛星群の組み合わせにより、衛星画像データにおいて未だかつて例のない、新しい境地が開かれることが期待されている。

両社の共通点から実現した契約

今回の契約は、衛星の買収のみならず、従業員の異動も実施されるそうだ。Terra Bella、Googleと共に働くこととなるPlanet。「Terra Bellaの熱意に合致し、衛星による画像収集を強みとする共通点から、Planetと共に歩んでいくのは自然なことのように思えた。」とGoogleのProduct and Enginnering部門副代表のFitspatrick氏は語る。「この2年間、Terra Bellaは大いなる進歩を遂げ、5つの人工衛星をデザインし、打ち上げることまで成功した。(Planetと組むことにより、)今後のTerra Bellaの活動が楽しみであると同時に、長期的に顧客として関わっていくことを心待ちにしている。」という。

「わりと早い段階から、PlanetとTerra Bellaは同じ目標に向かっており、宇宙工学を似たような立場から考えてきた。各グループの資産や所有しているデータに違いはあるものの、両社が一つになることでユニーク且つ価値のあるサービスをユーザーの皆様に提供出来ると思っている。」とTerra Bella共同代表のFenwick氏は語る。「PlanetとTerra Bellaが一緒になることにより、共に目指しているミッションの遂行及び、さらにパワーアップしたビジネスの提供が可能になる。」という。

注目される今後の動向

今回の契約、急成長しているPlanetのビジネス、そしてTerra BellaとPlanetの両社が控えている大規模な打ち上げプロジェクトの3本立てが予定されている今、Planetにとって最もインパクトのある一年になることだろう。

今週の英語フレーズ

When we thought about a company that shares Terra Bella’s passion and strengths in high frequency satellite imaging, Planet was a natural home.

「Terra Bellaの熱意に賛同していて、両社とも衛星による画像収集を強みとする点から、Planetと共に歩んでいくのは自然なことのように思えた。」

用語説明

*1 衛星コンステレーション:複数個の人工衛星の一群

出典元

2016/02/03, Planet, Planet to Acquire Terra Bella from Google, Sign Multi-Year Data Contract.
https://www.planet.com/pulse/planet-to-acquire-terra-bella-from-google/

関連記事

時間の概念が加わった新しい地図の使い道を募集中
大量の衛星画像で収穫量アップ:宇宙を通して精密農業を支えるには