キヤノン電子初の衛星打ち上げへ[週刊ニュース]

週刊宇宙ビジネスニュース2017.04.24-04.30
一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届け!

キヤノン電子の光学地球観測衛星「CE-SAT-Ⅰ」
Image Credit:キヤノン電子

2017年4月26日付の日経新聞によると、キヤノンの子会社であるキヤノン電子初の小型衛星の打ち上げが6月中旬に決まったとのことです。衛星は光学地球観測衛星「CE-SAT-Ⅰ」で、インドのPSLVロケットに搭載して打ち上げられます。

キヤノン電子が宇宙事業への参入を目指していることは2014年あたりで公表されており、当時からCE-SAT-Ⅰの開発も進められていました。CE-SAT-Ⅰには、狭い範囲を写す望遠カメラとしてキヤノンの一眼レフカメラ「EOS 5D mK Ⅲ」、広い範囲を写すカメラとしてコンパクトデジタルカメラ「Power Shot S110」と、市販されているカメラが搭載されています。
CE-SAT-Ⅰは運用して性能を確かめるための実証機という位置づけです。今回の打ち上げによって、いよいよ同社の人工衛星事業が始まることになります。

関連記事

キヤノン電子、衛星6月に打ち上げ 宇宙事業が始動 :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ25HPO_V20C17A4TI5000/

キヤノン電子資料(リンク先PDF)
http://www8.cao.go.jp/space/seminar/fy26-dai1/hayakawa-2.pdf
http://www8.cao.go.jp/space/comittee/sangyou-dai9/siryou6.pdf

今週の宇宙ビジネスニュース記事