小型衛星で船舶の位置情報を追跡するSpire Global

世界の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部が、易しく解説!  

ソーラーパネルが展開されたSpire社のLemur-2
Image Credit:Spire

Spire Global はアメリカ、サンフランシスコに本社を置くデータ分析会社である。

船舶にセンサを設置し、その情報をCubeSat(*1)と言われる小型衛星で取得することによって、船舶の位置情報、予測位置などの情報を素早く、かつ確実にクライアント(National Geospatial-Intelligence Agency*3 など)に送り届ける。

船舶トラッキングシステムの衛星利用

太平洋での船舶情報取得方法
Image Credit:Spire

上の写真は、太平洋での船舶情報取得方法を示している。灰色は人工衛星による情報取得、赤色は地上局による情報取得だ。写真から分かるように、陸地から近い場所では地上局から船舶情報を取得できるが、太平洋の真ん中では人工衛星が船舶情報を取得する唯一の方法だ。

人工衛星は既定の軌道を周回するため、船舶情報を取得できる時間は限られている。つまり、人工衛星が常に船舶の上空にいることはできないのである。

多数の小型衛星でデータ品質を上げる

しかし、多数の小型衛星を軌道上に展開することによって、船舶情報が取得できない「空白の期間」を減らすことができる。

さらに、小型衛星は大型衛星に比べ短い期間で開発できるため、常に最新の機能を搭載した衛星を定期的に軌道上に展開することが可能だ。最新機能を搭載した衛星を数多く展開し、データの素早さ、正確さを高めていくのがSpireの戦略である。

現在40機の小型衛星と25のダウンリンク(*2)用地上局を運用しているSpireだが、これからも積極的にそれらの数を増やしていく方針だ。

今週の英語フレーズ

“With many competitor’s aging satellite infrastructure increasingly failing, our strategy of launching a constantly upgraded constellation is proving to be a superior approach.”

競合相手の多くの衛星インフラが寿命を迎え、エラーを頻出させている中で、定期的に最新の衛星を打ち上げる我々の戦略は、有利な方向に進むだろう。

用語解説

*1 Cubesat : 1個当たり10cm x 10cm x 10cmのユニットを組み合わせて作られる小型衛星。重量は数kgに収まり、大型衛星に比べ圧倒的に低コストで開発を行うことができる。
*2 ダウンリンク : 衛星から地上に向けてデータが送られることをいう。地上から衛星へのデータはアップリンクといわれる。
*3 National Geospatial-Intelligence Agency : アメリカ国家地球空間情報局 政府各局に正確な地理情報などを提供する国家機関

出典元

2017/09/02, SpaceNews, Spire, 40 cubesats in orbit, competing more directly in space-based ship-tracking market,
http://spacenews.com/spire-40-cubesats-in-orbit-competing-more-directly-in-space-based-ship-tracking-market/
2017/09/02, TechCrunch, Spire’s ship tracking satellite data makes it easier to monitor vessels from space,
https://techcrunch.com/2017/08/29/spires-ship-tracking-satellite-data-makes-it-easier-to-monitor-vessels-from-space/
2017/09/02, Spire, https://spire.com/

関連記事

衛星通信サービスベンチャー企業とビジネストレンド2017 2017年5月15日
通信衛星も厳しい価格競争の時代へ 2017年3月20日