宙畑 Sorabatake

衛星データの記事一覧

衛星データ

SAR画像を解析する際に理解しておきたい基礎処理【SARデータ解析者への道】

SAR画像を解析する際に理解しておきたい基本処理を紹介します。「SARデータ解析者への道」シリーズの2本目です。

ニュース

スペースシフト社、シリーズB資金調達を完了!衛星データ利用の社会実装を加速するSateLab(サテラボ)も始動!

スペースシフトのシリーズBの追加資金調達完了と衛星データ事業共創プログラム「SateLab(サテラボ)」のオープンについて、その概要をまとめました。

ニュース

JAXA、天地人、sorano me、慶應義塾大学が衛星利用ビジネス検定 β版のリリースを予定!衛星データ利用人材の拡大を目指す

Tellus

【7/4(木)、5(金)開催】衛星データの基礎から「地球環境」の解析まで。Tellusの衛星データを使ったQGIS解析ハンズオンセミナー参加者募集!

2022年度から開催してきた、衛星データの基礎知識とともにQGISを使った衛星データの解析方法が学べるQGISハンズオンセミナー。今回は衛星データの基本やQGISでのTellusの衛星データの使い方を学べる1日目と、「地球環境」のテーマで衛星データの見方、QGISを使った簡易的な解析方法を学べる2日目と内容を分けて開催します。どちらか一方のみの参加でも問題ありませんので、ご興味ある方はぜひお申し込みください。

ニュース

【2024年4月】衛星データ利活用に関する論文とニュースをピックアップ!

2024年4月に公開された衛星データの利活用に関する論文の中でも宙畑編集部が気になったものをピックアップしました。

衛星データ

気候変動観測のカギになるのは雲とエアロゾル!日欧初の地球観測衛星ミッションEarthCARE打上げ、搭載された4つのセンサとは?

気候変動予測の精度向上をミッションとする日欧初の地球観測衛星ミッション「EarthCARE」がいよいよ打ち上げられます。雲やエアロゾルが気候変動にどのように作用するのか、搭載された4つのセンサについて紹介します。

衛星データ

衛星データ利用における 「Tip & Cue」とは? 自動・自律的な観測のメリットとその実用への期待

衛星データに関する文献やイベントの中で見かける「Tip & Cue」という言葉について、その意味と実例を紹介します。

機械学習

【2024年3月】衛星データ利活用に関する論文とニュースをピックアップ!

2024年3月に公開された衛星データの利活用に関する論文の中でも宙畑編集部が気になったものをピックアップしました。

宇宙ビジネス

国産LLM開発を推進するRidge-iに訊く! LLMが広げる宇宙産業革新、5つの可能性

国産LLM開発を進め、人工衛星データのAIサービス事業も推進するRidge-iに、宇宙産業におけるLLM利用の可能性をうかがいました。

ビジネス事例

3テーマそれぞれに1位は1000万円の懸賞金!懸賞金総額5,000万円(最大)の衛星データ利用開発コンテストはじまる_PR

衛星データを用いてグリーン分野の課題解決を目指す「NEDO Challenge, Satellite Data for Green Earth」について、概要と、衛星データの強み、テーマに設定された社会課題を解決する意義、参加意思のある方に向けて、利用できる衛星データの情報をまとめて紹介します。

衛星データ

レーダーの基礎から学ぶSAR(合成開口レーダー)の原理と奇跡【SARデータ解析者への道】

SAR(合成開口レーダ)について、レーダーの基本から合成開口レーダと言われる理由まで、図解も交えて分かりやすく紹介します。SARの奇跡とも呼べるその仕組みをぜひご堪能ください。

衛星データ入門

これからのデータ分析では常識!? 複数のデータを融合させて使う”データフュージョン”とは?

複数の衛星データを組み合わせることで、データの質を向上させるとともに、解析の精度や観測頻度も高めることが可能になるデータフュージョンの具体的な手法とその応用例を紹介します。

ビジネス事例

JSS主催「ハイパースペクトルセンサで地球全体を見ると何がわかる?利用事例の最前線と未来」イベントレポート&こぼれ質問に回答_PR

3月4日に「ハイパースペクトルセンサで地球全体を見ると何がわかる?利用事例の最前線と未来」を開催。その内容と、当日の質問に対しての回答を紹介します。

衛星データ

【2024年2月】衛星データ利活用に関する論文とニュースをピックアップ!

2024年2月に公開された衛星データの利活用に関する論文の中でも宙畑編集部が気になったものをピックアップしました。

衛星データ入門

SAR(合成開口レーダ)のキホン~事例、分かること、センサ、衛星、波長~

盛り上がる宇宙スタートアップの中で、ひときわ注目を集めているのが”合成開口レーダ”、略してSAR(サー)と呼ばれる技術です。本記事では近年急速に注目を集めるようになったSARについて、その活用事例と今後の可能性についてご紹介します。

ビジネス事例

【パネルディスカッション】2040年に150兆円市場になると期待される日欧米の宇宙ビジネスの最新事情、スタートアップのエコシステム_PR

本記事はPwCコンサルティング合同会社による宙畑への寄稿記事です。PwC Advisory(PwCフランス)のパートナーでGlobal Space Practice のリーダーである Luigi Scatteia氏が来日したことをきっかけとして行われた、今後の宇宙ビジネス及び衛星データの利活用の展望についてのパネルディスカッションの内容を紹介します。

衛星データ

【2024年1月】衛星データ利活用に関する論文とニュースをピックアップ!

2024年1月に公開された衛星データの利活用に関する論文の中でも宙畑編集部が気になったものをピックアップしました。

ビジネス事例

マイクロファイナンス、金融包摂とは? マイクロファイナンスに取り組む企業と衛星データの役割

貧困層や低所得者層向けの、小規模の貸し付け・貯蓄・保険・送金などの金融サービスであるマイクロファイナンスの紹介と、それに取り組む企業、衛星データ活用の可能性をまとめました。