宙畑 Sorabatake

衛星データの記事一覧

衛星データ

【コード付き】Tellusで干渉SARをやってみた(DEM編)

SARの有望な解析手法の一つである干渉SARを深堀していくシリーズ第三弾!いよいよ、標高モデルを使って地形縞の除去にチャレンジします。

衛星データ入門

オープンキャンパスが軒並み中止に!? 現役高校生に伝えたい衛星データを使った5つの大学見学術

新生活の準備が始まる季節、新年度からのキャンパスライフに向けて大学周りの環境が気になる学生の皆さんも多いのではないでしょうか。コロナの影響で直接大学の下見に行くことが難しいと思いますが、Tellusを使って大学周りの環境を調べてみてはいかがでしょう。今回は宇宙広報団体「TELSTAR」にご協力いただき、衛星データから見た大学が実際と合っているか?を検証していきます。

ビジネス事例

海のごみ対策をボランティアで終わらせない。プロジェクト・イッカクが目指す海ごみ削減のための「経済システム」とは

海ごみ対策に「経済システムを構築する」ことで解決を目指す「プロジェクト・イッカク」。プロジェクトの詳細をリバネスアメリカ代表の上野裕子さんに伺いました。

衛星データ

宇宙ビジネス起業連載vol.4「宙畑編集部、投資家ピッチに挑戦」

5人それぞれで出しあったビジネスアイデアを、ベンチャーキャピタルiSGS インベストメントワークスの五嶋さんに全力プレゼン!貴重なアドバイスをたくさんいただけました!

衛星データ

20000人が寄せた衛星データのはてな、衛星データQ&Aまとめ

本記事ではTellusに寄せられるお問い合わせ、「7日でマスター!基礎から学ぶ衛星データ講座」の中で寄せられた質問、また、宙畑編集部が日頃よくいただく衛星データについての質問をまとめています。

ビジネス事例

「ドローンにこだわっていたらAI米粒等級判定サービスは生まれなかった」スカイマティクス社に聞いた、リモートセンシングの今とこれから

ドローン画像と衛星画像って何が違うの? リモートセンシング技術の未来はどうなる? という疑問について、リモートセンシングビジネス最前線で活躍するスカイマティクス社のおふたりにうかがいました。

ビジネス事例

「サービスに自信があるのは、”これ”をやったから」あらゆる産業課題を空から解決するスカイマティクス社、社会実装までの道のり

あらゆる産業課題をリモートセンシングx自社の解析技術で解決するスカイマティクス社。「先端技術を社会実装する」という言葉にピンとくる方は必見のインタビューです。ポイントは「泥臭さ」「価格設定」「課題の目利き」。

解析ノートブック

【漁業の今を知る】地球温暖化で魚は北上している!? 208漁港の魚種別漁獲量の時系列データをpythonで可視化

地球温暖化によって、獲れるはずの場所で魚が獲れなくなっている……。そんなニュースを知った宙畑編集部はオープンデータからその傾向が分かるのか調査してみました。

ビジネス事例

衛星データが捉えた10の真実、衛星データと振り返る2020年のニュース

2020年に起きた10の出来事をピックアップして衛星データと合わせて振り返りました。

衛星データ

GIS(地理空間情報システム)の基本~できること、活用事例、GISデータ、ソフト~

GIS(地理空間システム)について、できることや活用事例、ソフトウェアなど、使う際に必要な基本事項をまとめました。

衛星データ

沿岸漁業で衛星データ活用チャレンジ! ~大分のサワラ流し網漁編~

2019年12月に宙畑に届いた大分の漁師さんの一通のメールからサワラ流し網漁にて衛星データ活用ができるのかの検証が始まりました。

ビジネス事例

物流×宇宙(人工衛星利用)、現状と事例 【宙畑業界研究Vol.6】

宙畑では宇宙ビジネス(主に人工衛星利用)の可能性を探るため、様々な業界と宇宙の関係を紹介する【宙畑業界研究】の連載を行っています。第6回目となる今回のテーマは「物流」です。

ビジネス事例

ヤマップ流! ユーザーの心をつかむデータを使った新機能リリースのコツ

国内No.1の登山プラットフォームとして膨大なデータを活用する企業・ヤマップ社に、データ活用のコツと衛星データ活用の可能性をインタビュー!

Tellus

アメダスデータを使って気温予測や降雨状況の可視化をしてみた

今回はTellusで公開されているアメダスの1分値のデータを使って解析を行いました。具体的には、2017年7月5日から7月6日にかけて発生した平成29年7月九州北部豪雨におけるアメダス1分値データを対象にして以下の解析を行いました。

衛星データ

無料の衛星データを使ったオリジナルグッズの作り方! ~おすすめグッズ7選&おすすめ衛星データ5選~

無料の衛星データをプリントした様々なグッズを作成する方法と、衛星データと相性の良いだろうおすすめグッズを厳選して紹介します。

衛星データ

雪崩危険箇所を衛星から取得した標高データと重ねて分析してみた

国土地理院が提供している標高タイルと、国土数値情報が提供する土砂災害・雪崩メッシュデータ、および雪崩危険箇所を組み合わせて、雪崩に対して注意が必要な場所について、地理情報を可視化して考察してみました。

機械学習

SSDを用いて飛行機の物体検出にチャレンジしてみた

衛星データに機械学習を使って何か面白いことをしてみたい、そんな方へ。物体検出を試してみませんか? この記事では衛星データを用いて飛行機の物体検出にチャレンジしてみました。

宇宙ビジネス

今年は史上初のオンライン開催!SpaceApps Challenge2020 開催レポート

2020年10月3日(土)〜4日(日)にNASA International Space Apps Challenge (以下SpaceApps)が開催されました。SpaceAppsは、人工衛星などの宇宙のデータを活用して地球の課題を解決するハッカソンです。この記事では、各会場で生まれた作品を各オーガナイザが紹介します。