「一般の人々にも宇宙旅行を」PDエアロスペース 緒川氏が語る次世代の宇宙輸送像

「宇宙旅行」の今を日本の宇宙ベンチャーにインタビュー

「宇宙旅行」という言葉が生まれてから久しいが、いまだ宇宙に行った人(高度100kmを越えたこと)は2017年4月時点で551人。地球人口のわずか0.0000074%である。
果たして夏休み旅行の選択肢に宇宙が入るような、気軽に宇宙に行ける時代は、どれほど未来の話なのだろうか。

「宇宙旅行」の今を知るため、宙畑編集部は愛知県・名古屋市に本社、碧南市に開発拠点を置く宇宙機開発ベンチャー、PDエアロスペース株式会社 (以下、PDAS)の緒川社長のもとを訪れた。

インタビューに答える緒川社長
Image Credit: PDエアロスペース(株)

■目次

(1) PDエアロスペースが目指す「完全再利用型宇宙飛行機」とは

(2) 宇宙開発好きが集う「宇宙ハウス」

(3) 庶民は宇宙旅行へ、いつ・いくらで行ける?

(4) 宇宙旅行のその次は?

PDエアロスペースが目指す「完全再利用型宇宙飛行機」とは

提供:PDエアロスペース(株)/KOIKE TERUMASA DESIGN AND AEROSPACE

昨今、宇宙へ到達するシステムとして、殊、地球周回飛行に至らない、高度100km超の高高度に達して落下させる「弾道飛行(サブオービタル飛行)」において、従来型の垂直打ち上げ式に加えて、翼を持った水平離着陸方式など、様々な形態の機体が検討されている。

宇宙往還機としては、スペースシャトルがあったが、コスト高と安全性の観点から、2011年で運用を終えている。

垂直打ち上げ型であるスペースシャトル
Image Credit: Wikipedia
母機であるホワイトナイト2と中央に吊り下げられたスペースシップ2 *1
Image Credit: Wikipedia

PDASの目指す機体システムは、どのようなものだろうか?まずは、この点について伺うことにした。

緒川修治氏(以下、緒川):

「宇宙旅行を含め、宇宙輸送の最大の課題は、コストと安全性です。この2つを同時に満たすことは、かなり厄介であることは容易に想像できるかと思います。

今、垂直に上げて逆噴射で着陸させる方式や、途中まで飛行機運んで、ロケットを切り離す方式、従来通りロケットの先端にカプセルや往還機を取り付ける方式など、様々な方式が存在、或いは開発されています。どの方式が最適かは、現時点では分かりません。我々は、機体システムを「シンプルに」かつ「再使用」することで、この課題に対応しようと考えています。
 
その肝となるのが、ジェット-ロケット燃焼モード切替エンジンです。パルス・デトネーション・エンジン(以下、PDE)というエンジンをベースに、PDEの単純構造を活かし、大気がある領域では大気を吸い込み、ジェットエンジンとして機能させ、高高度に至り大気が薄くなってくるとロケットエンジンとして機能させるものです。

これにより、離陸から宇宙へ到達、地球への帰還/着陸までを一つの機体で、航空機のように繰り返し使うシステムが出来ます。機体1つ、エンジンの種類を1つにすることで、製造コスト、ランニングコストを抑えると共に、部品点数が少なくなり、重量低減、信頼性向上に繋げていく考えです。

また、運用においては、帰還時にエンジンを再始動させ、ジェットモードで飛行させることで、進入スピードの抑制や上空待機が出来る為、長大な滑走路を有する専用空港ではなく、一般的な空港への着陸が可能となります。これは、運用コストを下げるだけなく、安全性に大きく寄与します。