宙畑 Sorabatake

ニュース

あのガイドラインを守っているのは30%未満?!第50回「今週のSPACE ENGLISH」

今回で50回目を迎えるSPACEENGLISH!今週も盛りだくさんの宇宙ニュースをお届けします。Orionの打ち上げ脱出システムとは?あのDragonflyは、2026年に打ち上げ予定です。starshipロケットのブースターの名前は…?

英語が苦手で最新の宇宙ビジネス情報をキャッチするのに四苦八苦。そんな宙畑編集部員TN.と一緒に、宇宙ビジネスで使用される英単語を学ぶ本連載。

今週は、6/23~7/7の14日間で『SpaceNews』内で頻繁に出現した英単語(※これまでに同連載でご紹介した英単語を除く)を5個ご紹介します。

原文の記事について、記者(TOEIC600点)が読むのにかかった時間と記者の私見による難易度を三ツ星で記載しています。

読者の皆様もお時間のある時にぜひぜひ英語で生の情報を得ることにチャレンジしてみてください!


それではさっそく、Let’s 今週のSPACE ENGLISH!!
   

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
集計対象記事:『SpaceNews』で該当期間に公開された記事のすべて
集計期間:2019/6/23~2019/7/7

※()内の数字は該当期間の登場回数です

1.guideline

「guideline」は、ガイドラインという意味です。

SpaceXは6月28日 に、5月23日に打ち上げた60の衛星の内3つが地上からの通信に応答していないことを報告しました。軌道から外れてしまったのではないかとしています。

さらに、他の5つの衛星について、目的としている軌道より低いところで停滞してしまったため、運用できる目処がたっていない事を発表しました。

この報告を受け、政府は何千もの打ち上げに失敗した衛星が、低軌道に存在している事を課題として明示しました。打ち上げに関するガイドラインには「25年以内の衛星の軌道からの撤退」が記載されていますが、これを守っているのは、全体の30%にも満たないようです。

■原文で宇宙ニュースにチャレンジ!

🕒時間 8min.

👑難易度 ★★

スターリンクの失敗は宇宙の持続可能性の懸念を強める事となった。

2. abort

「abort」は打ち切りという意味です。

ロケットにはLaunch Abort System(LAS)またはLaunch Escape System(LES)というシステムがあり打ち上げ脱出システムと呼ばれています。打ち上げを中止しなければならなくなった緊急時に、乗務員が安全システムから空間カプセルというものを分離させる操作の事を指します。

「Ascent Abort2」は、Orionの打ち上げ脱出システムの事です。

OrionはSLS計画(Space Launch System/米国が進める宇宙飛行士を乗せた大型ロケットの打ち上げ計画)と統合された有人飛行ミッションに関わる宇宙船です。

7月2日、Ascent Abort2のテストが無事成功しました。

この技術は、現在NASAが力を入れている、Artemisのミッションでも生かせると期待されています。

■原文で宇宙ニュースにチャレンジ!

🕒時間 10min.

👑難易度 ★★

打ち上げ脱出システムのテストを終え、オリオンは、2024年にの有人飛行に向けた軌道に乗りました。

3. Dragonfly

Dragonfly Credit : NASA

「Dragonfly」は惑星探査機です。地球の生命の誕生の謎の解明に向け、土星の衛星の一つであるタイタンの地表の画像などの取得を目的としています。

Dragonflyは2年半にわたってタイタンを横切って約175キロメートル飛び、目的のクレータがある着陸地点に到着するように設計されています。さらに、放射性同位体熱電発電機(RTG)を使用して電力を生成し、飛行中および他の任務活動中に使用するためにそれを電池に貯蔵します。

Dragonflyは、2026年に打ち上げ予定で、2034年にタイタンに着陸するようです。

■原文で宇宙ニュースにチャレンジ!

🕒時間 10min.

👑難易度 ★

NASAは次の新しいミッションにタイタンへの飛行を計画しています。

4. charter

Charter Communications」はケーブルとブロードバンドの大手企業です。

Charter Communicationsは他の衛星事業会社が提供する周波数帯域を約2倍にするため、2つの通信業界の貿易組織CCA(The Competitive Carriers Association)、ACA Connectsと提携しました。

両社は、Cバンドテレビ放送の大部分を光ファイバーに移行する事で、370MHzの帯域が空くという計画を立てています。

都市部のファイバーへの移行で18ヶ月、アメリカ全土の移行で、3年かかると予想しています。

■原文で宇宙ニュースにチャレンジ!

🕒時間 13min.

👑難易度 ★★

5. booster

boosterが分離される様子 Credit : NASA / MSFC

「booster」はロケットのエンジン部分に装備されていて、推進力を積み増しする機構です。

SpaceXはstarshipロケットを2021年に打ち上げることを報告しました。このロケットにはsuper heavyと呼ばれるブースターが装備されています。ブースターは20トン以上もの重さを静止軌道まで飛ばせる事を目指して設計されたようです。

打ち上げ前にテストフライトも予定しており、注目が集まりそうです。

■原文で宇宙ニュースにチャレンジ!

🕒時間 15min.

👑難易度 ★★

SpaceXは商用のstarshipを2021年に打ち上げる事を目指しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
以上、第50回「今週のSPACE ENGLISH」いかがだったでしょうか。

これまで英語が苦手でなかなか海外の宇宙ニュースを敬遠していたという方も、「今週のSPACE ENGLISH」で少しずつ宇宙英単語を学んで海外の宇宙ニュースにチャレンジしてみましょう!
   
執筆者:ラディッシュ担当M.S.

※これまでの「今週のSPACEENGLISH」は[こちら]   

宙畑おすすめの宇宙ビジネス入門記事