年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ【週刊宇宙ビジネスニュース11/19~11/25】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

2025年、大阪万博が開催されることが発表されましたね。
2020年にはMars2020が打ち上げられ、火星に着陸する予定です。この探査機のサンプルは回収し、地球に持って帰ってくる予定なのだそうです。前回の大阪万博では月の石が展示されていたそうですが、次の大阪万博では火星の石が展示される可能性もあるかも?なんて思うと少しわくわくしませんか?

【今週(11/19~11/25)のピックアップ】
1.ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資
2.オーストラリアは宇宙技術とAIに重点投資
3.年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ

3.年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ

First SpaceX Crew Dragon test flight set for January - SpaceNews.com

Image credit:SpaceX artist's concept and Boeing

2019年1月7日に、スペースXが開発している有人宇宙船(Demo-1)が打ち上げられます。
初回なので人が乗ることはありませんが、成功すれば6月にNASAの宇宙飛行士であるBob Behnken氏とDoug Hurley氏をDemo-2に載せた打ち上げへと続きます。
6月までには、打ち上げ中に異常があった際に利用する、緊急脱出システムの動作確認のための打ち上げも行われる予定です。緊急脱出システムは10/11のロシアによる有人打ち上げの際に利用されたことで、大きく話題にもあがりました*1。

なお、ロシアによる有人飛行は12/3に再開される予定だそうです。
また、先にスペースXが上がることにはなりますが、ボーイングも有人飛行を計画しています。こちらは3月に試験打ち上げ、8月に有人打ち上げを計画しています。

有人宇宙飛行は巨額な費用はかかりますし、人の命もかかっています。そのため、両社ともに技術的な課題をすべてクリアにして有人飛行に臨もうとしていますが、果たしてスケジュールは保たれるのか。スペースX及びボーイングが有人打ち上げを成功させれば、2011年にスペースシャトルが引退して以来、実に8年ぶりにアメリカから有人宇宙飛行が行われることになります。
年始早々の打ち上げということもあり、2019年を占う打ち上げともなりそうです。

*1...ソユーズ事故後初の有人飛行、12月3日に実施へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3195455 @afpbbcomさんから

【今週(11/19~11/25)のピックアップ】
1.ハイパースペクトルカメラ搭載衛星計画に約40億円の投資
2.オーストラリアは宇宙技術とAIに重点投資
3.年始早々にスペースXの有人宇宙船、試験機打ち上げへ

【宙畑のおすすめ記事】
軌道上サービスは宇宙市場の起爆剤か~企業、市場規模、需要と課題~
衛星データのキホン~分かること、種類、頻度、解像度、活用事例~
巷で見つけた衛星データの可能性5選と第1回「#衛星データ使えそう」アイデア募集!