アメリカとインドの新たな動き 第24回「今週のSPACE ENGLISH」

英語が苦手で最新の宇宙ビジネス情報をキャッチするのに四苦八苦。そんな宙畑編集部員T.N.と一緒に、宇宙ビジネスで使用される英単語を学ぶ本連載。

今週は9/2~9/8の7日間で『SpaceNews』内で最も頻繁に出現した英単語(※これまでに同連載でご紹介した英単語を除く)を10個ご紹介します。

それではさっそく、Let’s 今週のSPACE ENGLISH!!
   
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
集計対象記事:『SpaceNews』で該当期間に公開された記事のすべて
集計期間:2018/9/2~2018/9/8
※()内の数字は該当期間の登場回数です

states (25)

国家。状態。United States of Americaでアメリカ合衆国。

アメリカが宇宙外交に力を入れていくというニュースが出ていました。

State Dept. official: ‘We need to have discussions about space’

india (21)

インド。あまり知られていませんがインドは隠れた宇宙開発大国です。

今週は、インドとアメリカが宇宙分野で協力していくというニュースでした。
宇宙大国アメリカとロシアの両方とうまくバランスを取りながら宇宙開発を進めているインドですが、今回の発表を受けてどうなっていくのか、今後に注目です。

Pompeo and Mattis should add space cooperation to the U.S.-India strategic partnership

■(参考記事) インドの宇宙開発は何が凄いのか~PSLVロケット、技術、予算、計画~

state (18)

国家の。statesの単数形

sener (16)

スペインの衛星機器メーカーSener。
衛星の通信機器を手掛けるTRYO Aerospaceを買収しました。
この買収を通じてSenerは商用衛星市場への参入を進めたいと考えています。

▲TRYO Aerospaceの事業紹介動画

Sener eyes larger stake in satellite component market

sept (15)

Septemberの略。9月。

proposal (12)

提案。

宇宙ビジネス、特に衛星やロケットなどのインフラ系はカタログ品にはならないため、個別に提案をして、内容を吟味し契約するかどうか決めるケースが多いです。

RFP:Request For Proposalで提案要請。
顧客側がこういうスペックで提案してほしいと提案を要請するもの。政府系のプロジェクトでよく用いられています。

study (12)

検討。
中学校の時は”勉強する”という意味だと習った動詞ですね。
宇宙開発では技術的に難しいミッションもあるため、開発に着手する前にプロジェクトが実現可能かどうかをあらかじめ検討するのですが、これをFeasibility Studyといいます。

日本語ではFS(エフエス)といい、RFP(アールエフピー)の前に顧客が仕様を固めるために実施します。

control (11)

コントロール。管制。管理。

宇宙システムのような複雑なシステムの場合、どのように管理していくかが非常に重要です。
開発の状況、日々更新されていく仕様など管理するものは膨大です。

一つのよく使う例として、ICD(Interface Control Document:インターフェース管理文書)という文書があります。
名前の通り、インターフェースがある2つのものの間で、取り決め事項の最新状態を維持するために作られます。
衛星システムと搭載される機器の間や、衛星とロケットの間で作成されます。

weapons (11)

兵器。攻撃するもの。

トランプ大統領が発表した宇宙軍に関連して、"Space Weapons"に関する国際的な取り決めが必要という話が上がってます。

State Dept. official: ‘We need to have discussions about space’

kilograms (11)

キログラム。言わずと知れた重さの国際単位。

宇宙ビジネスではよく衛星の質量が語られます。
それは質量がコストに直結する話だからです。

新型のロケットが搭載できる衛星の質量は何キログラムなのか、新型の通信衛星の質量はどの程度か、それがいくらで達成されたのかが宇宙ビジネスにおいて気になりポイントです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
以上、第24回「今週のSPACE ENGLISH」いかがでしたでしょうか。

次回の「今週のSPACE ENGLISH」は9/23(日)に9/9(日)~9/15(土)に公開された「SpaceNews」記事の最頻出英単語TOP10(これまでに紹介した英単語は除外)をご紹介します。

これまで英語が苦手でなかなか海外の宇宙ニュースを敬遠していたという方も、「今週のSPACE ENGLISH」で少しずつ宇宙英単語を学んで海外の宇宙ニュースにチャレンジしてみましょう!
   
執筆:ルッコラ担当

※これまでの「今週のSPACEENGLISH」はこちら
   
【宙畑おすすめの宇宙ビジネス入門記事】
宇宙ビジネスとは~業界マップ、ビジネスモデル、注目企業、市場規模~
2017年宇宙ビジネス業界で何が起こったか
人工衛星を利用した地球の調べ方
日本の宇宙産業が10年遅れた理由、宇宙ビジネス≒ロケットじゃない

【宙畑のSNSアカウントをフォロー】
Twitterアカウントでは宙畑の最新記事や、国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑メンバーの視点交えてつぶやいています。