宙畑 Sorabatake

衛星画像の記事一覧

衛星データ

【2022年10月】衛星データ利活用に関する論文とニュースをピックアップ!#MonthlySatDataNews

2022年10月に公開された衛星データの利活用に関する論文の中でも宙畑編集部が気になったものをピックアップしました。

衛星データ

宇宙人がお忍び地球来訪! 衛星データでUFO着陸候補地を予想してみた

もしも宇宙人が地球に来訪するなら、UFOをどこに着陸させるのでしょうか? 真面目に宙畑で考えてみました。そして着陸スポットの条件を探るためUFO研究家の寺薗さんにお話をうかがいました。

ビジネス事例

食料自給率200%の北海道が推進する衛星データ利活用の今と展望

2022年9月に行われた北海道宇宙サミットの最後のトークテーマ「宇宙で加速する、スマート農業とサステナブル社会」で語られた、北海道のスマート農業事情とこれからについてまとめました。

Tellus

Tellusで無料公開!日本のハイパースペクトルセンサHISUIのデータ

Tellusで2022年10月12日に公開したHISUIのデータについて、Tellusでの使い方と合わせて詳しくお伝えします!!

ビジネス事例

高齢化率第3位の山口県で見えた「限られた人数で農業生産ができる仕組み」の兆し

高齢化が進み、農業人口も減り続ける日本において、限られた人数でいかにこれまで同様の食料自給率や農作物の品質を維持するかは喫緊の課題です。その課題にいち早く取り組む山口県の事例をインタビューしました。

Tellus

QGISを使って、SARから浸水域を抽出してみよう!意外と簡単?SARの解析方法を紹介

Tellusで提供しているQGIS付き開発環境を使って、PALSAR-2の浸水域抽出の方法をご紹介します。

機械学習

衛星データからの石油タンク検出② Tellusの衛星データ用いて検出結果を確認する

前回の記事で学習させたモデルを使って、Tellus上の画像を使って石油タンクの検出ができるか試してみます。

機械学習

衛星データからの石油タンク検出①データ前処理とYOLOXを使った学習

衛星データから、石油タンクを検出する解析を行います。今回はデータの前処理とYOLOXを使って学習を行うところまでを紹介します。

機械学習

衛星データ×機械学習タスクの代表的な分類まとめ~物体検出、セマンティックセグメンテーション、画像分類、超解像~

衛星データと親和性の高い4種類の機械学習タスクのカテゴリと、その1つである物体検出の解析事例を紹介します。

ビジネス事例

衛星データ活用事例別、ニーズを実現するために必要な衛星スペックと解析技術

衛星データの活用事例に興味があるのだけれど、この事例って実際にどの衛星データを使っているの? その疑問を解消するための情報を整理しました。

衛星データ入門

「Made in 宇宙」のプレゼント。 ソニーGの宇宙事業のサービスプランが明らかに

ソニーGの宇宙事業のサービスプランが発表されています。その金額やサービス内容について、整理し、どのような利用事例が産まれそうなのかをソニーGの見座田さんに教えていただきました。

Tellus

植物の分布から田畑の利用状況を推測する衛星データの利活用方法

Tellusでは、利便性(データのCOG化)と検索精度(APIのフォーマット統一)の向上を目指して、データ配信用APIの更新を行いました。それに伴い、今回は新しい配信用APIを利用してAVNIR-2のデータを取得する方法について、田畑の利用状況を推定する例を通してご紹介します。

宇宙ビジネス

地域での衛星データビジネスを検討してる方必見!経産省が始める衛星データ利用環境整備・ソリューション開発支援事業とは?

7月22日より、経済産業省が新しい衛星データ実証事業を開始しました。100件規模の採択件数を予定している新しい事業について、詳しくお伝えします。

ビジネス事例

災害時の衛星画像はどこを見に行けばいい?災害時の衛星画像や解析結果を共有する取り組みを紹介!

災害時によく見かける衛星データ。自分でも見てみたい場合はどこから入手できるの?災害時の衛星データに大切なことって?宙畑でもよく聞かれる素朴な疑問を詳しくまとめました。

Tellus

高解像度&高感度夜間光!キヤノン電子の衛星データをサンプルでTellus上に無料公開

2022年7月7日、Tellus上で高解像度の夜間光のサンプル画像を公開しました。 東京周辺の夜の様子を撮影したサンプル画像を詳しく見ていきます。

ビジネス事例

【オルタナティブデータって何?】投資判断の最前線、新たな経済指標を用いた資産運用事例

機関投資家による投資判断のための手段としての活用を始め、オルタナティブデータの利活用が盛り上がっています。伝統的なデータとの違いといった基礎から利活用事例まで、まとめてご紹介します。

衛星データ

「夜明るいところは土地の価格が高い?夜間光と土地価格の相関を調査してみた!」

夜明るい場所は人気の場所だから、土地の価格が高い? ということは、もし夜の明るさの変化から土地価格の変化がわかれば、不動産売買で大儲けできるかも? そんなことを思いながら衛星から夜間に地上を観測した「夜間光」データと土地価格の相関を調査してみました。

機械学習

Pix2Pixで宅地利用調査から任意の衛星画像を生成するアルゴリズムを作る

簡単な塗り絵のような画像を作るだけで、お好みの衛星画像を生成するアルゴリズム制作にチャレンジしてみました。ハート形や六角形の池を作ることにも成功しています。