特集

費用が安いから? なぜアリアンロケットは商用化に成功したのか

JAXAとESAの共同で行われる水星探査計画BepiColomboの打ち上げがアリアン5で日本時間10月20日に予定されていますが、アリアンスペースのロケットといえば、商用化が成功したロケットの代表格です。 小型ロケット開発が盛り上がるなかで、商用的に成功している小型ロケットがあるかといえばまだそういう商況にはないようです。(小型ロケットに関する記事は[こちら](https://sorabatake.jp/bn_20180427)) 一方で静止衛星2機を同時に打ち上げられる大型ロケットから小型衛星用の比較的小型のロケットまで手広いビジネスを展開し、商業衛星の打ち上げシェアNo.1を獲得するアリアンスペース。その成功の理由はどこにあるのでしょう。 また、小型ロケットの登場に対してアリアンスペースは何を考えているのか。アリアンの成功までの軌跡と費用といったスペック、今後の展望をご紹介します。

特集

NASA主催! SpaceAppsChallengeで生まれた衛星データ利用アイディア5選+湯村さんおすすめ6選

「SpaceAppsChallenge」というハッカソンをご存知ですか? これは、毎年NASAが主催する世界各国各所で行われるハッカソンです。 今年も10/19~21に全世界で一斉に開催されます。宙畑として注目しているのが衛星データを利用したアイデア。本記事ではこれまでに産まれた衛星データを利用したを5つ厳選してまずはご紹介。