ニュース

Cloud Constellationが約1億ドルの投資を獲得【週刊宇宙ビジネスニュース 12/24~12/30】

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

3.Cloud Constellationが約1億ドルの投資を獲得

SpaceBelt計画のイメージ図 Credit : Cloud Constellation

米国のスタートアップ企業Cloud Constellation社は、地球の低軌道上に多くの通信衛星を配置し、既存の通信衛星との接続を可能にすることで、軌道上でデータの処理・管理・補完ができるクラウドサービス「SpaceBelt」を構築しようとしています。

今回の投資を受けて資金調達計画約2億ドルの3分の2を達成したとのことです。

SpaceBelt計画は現在、5つの中継衛星と3つのデータ蓄積衛星によって衛星間通信ネットワークを実現しようとしています。
より早く計画を実行できるように衛星開発の企業も選定中のようですが、合わせて開発中の衛星をどのロケットで打ち上げするのかも選定しようとしています。

Virgin Orbitと2017年に覚書を交わしていましたが、衛星の重量が500キログラムを超える場合、同社のロケットであるLauncherOne搭載能力を超えてしまうため、Arianespaceとも調整を始めたとCloud Constellation社の CEOビーク氏は答えています。

SpaceBelt計画やOneWebの通信衛星など、通信分野でコンステレーション衛星を使ったサービスが注目を浴びています。

多くの衛星が必要になることで、製造分野でも必要な衛星やロケットをより確実により安価に製造し打ち上げることが求められます。

今後とも競争が激化していくことが予想される宇宙業界でどんな企業がどんなサービスを実現していくのか。来年以降も楽しみです。

・参考
Cloud Constellation lines up $100 million investment

今週の週刊宇宙ビジネスニュース

宙畑参考記事