ニュース

軌道上ガソリンスタンド計画、実現に向けた微小重量下での実験スタート【週刊宇宙ビジネスニュース11/5~11/11】

毎週宇宙ビジネスの気になる話題をピックアップする本連載! 今週のキーワードは、人工衛星の燃料補給。宇宙空間で人工衛星の燃料を補給するガスステーション計画の最新情報です。

一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを厳選してお届けする連載「週刊宇宙ビジネスニュース」は毎週月曜日更新!

今週のキーワードは、人工衛星の燃料補給。宇宙空間で人工衛星の燃料を補給するガスステーション計画の最新情報です。

【今週(11/5~11/11)のピックアップ】

1.軌道上ガソリンスタンド計画、実現に向けた微小重量下での実験スタート

Orbit Fab to test refueling technology on ISS -spacenews.com

軌道上の人工衛星の燃料を補給するガソリンスタンド計画を進めているスタートアップ企業Orbit Fabが、計画の実現に向けた実証実験をISSで行う予定です。

今回の実験では2つのタンクをISSに運び、ISS内の微小重力下で片方のタンクに入っている水をもう片方のタンクに供給する実験を行います。
この実験に成功すれば、次はタンクを軌道に投入する予定となっています。

片方のタンクに入っている水をもう一方に移動させる実験をISSの微小重力下で行う予定 Credit : Orbit Fab

燃料を補給して人工衛星の寿命を延ばすサービスを行おうとしている企業といえば、Space Systems Loral(SSL)を以前記事でも取り上げたことがありますが、Orbit FabはSSLより早くサービスを開始できるように開発や実験を推進していく意向が感じられます。

人工衛星の寿命はほぼ燃料の残量と等しいです。現状の人工衛星は長くても10年くらいの設計寿命となっています。今後燃料を補給することで多くの人工衛星が長く利用することができれば、その分必要なデータを多く取得し利用に活かすことができます。
どの企業がどういったやり方でサービスを実現するのか今後の動向も注目です。

【今週(11/5~11/11)のピックアップ】

【参考記事】