宙畑 Sorabatake

すべての記事一覧

ニュース

三井住友海上や東京海上日動らが「月保険」を提供へ。国内の月面探査企業と共同開発【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月28日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

特集

「宇宙天気」を徹底解説! 数兆円の経済損失を起こしうるそのワケとは

「宇宙天気」について、基本的な内容から地球に与える影響、今注目されているポイントについてまとめています。

ニュース

IHIエアロスペースが商業衛星の打ち上げを初受注。QPS研究所の衛星2機が搭載へ【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月25日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

米、ハリス副大統領が衛星攻撃兵器(ASAT)実験の禁止を表明。各国にも協力を呼びかけ【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月25日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

天地人が気象衛星ひまわりのデータと超解像技術を活用した高頻度の地表面温度プロダクトを発表【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月25日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

OneWebがインド宇宙機関と打ち上げ契約を締結【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月25日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

Planetが次世代衛星群Pelicanを発表。分解能30㎝で同地点1日最大12回の観測実現へ【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月25日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

機械学習

Kaggleランカーの7人に聞いた、2021年面白かったコンペ7選と論文7選

7名のKagglerの方にアンケートにご協力いただき、2021年に面白かったコンペと論文を教えていただきましたのでその結果を紹介します。

ニュース

小型ロケット打ち上げ企業のAstraがLeoStellaへ電気推進エンジンを提供する契約を発表【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月18日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

アート作品が2022年10月に宇宙へ。Space BDとSPACETAINMENTが提携【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月17日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

きぼう利用のリモートワーク化!筑波宇宙センター外からISSの船外実験装置の運用が可能に【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月17日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ニュース

気球による成層圏旅行サービス提供のSpace Perspectiveが内部の設計イメージを披露【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月17日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

衛星データ

オープン&フリーの光学衛星が無料で3日おきに入手できる時代に!?Landsat-8/9とSentinel-2A/2Bの組み合わせで、さらなる高頻度観測が可能に​​

最近新たに画像が無料公開されたアメリカの政府衛星Landsat-9。公開されたことにより、なにが実現するのか考察しました!

宇宙ビジネス

宇宙から物流を可視化するビジネスコンペ!NEDO Supply Chain Data Challenge募集開始

2022年3月18日に発表された、衛星データを使った新しいビジネスコンペについて、詳しく掘り下げます!

ニュース

有人月面探査車の開発に日産の北米拠点が参画。Teledyne Brown・Sierra Spaceと共同【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月11日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。

ビジネス事例

ベテラン漁師「30年前にあったら、すごく楽になるでしょうね」 水産業の技術継承にAI活用の最前線

衛星データとAIを活用した漁業者支援ツール「トリトンの矛」を開発したオーシャンソリューションテクノロジー社と、トリトンの矛を実際に活用する株式会社タカスイの高須泰蔵さんにお話を伺いました。

ニュース

準天頂衛星「みちびき」を利用した実証事業の公募開始。測位サービスの実用化を後押し

2018年にサービスが開始され、みちびきを利用した衛星測位サービスが利用できる環境は徐々に整っています。さらに測位サービスの実用化を進めるため、2022年度の利用実証の公募が開始されました。

ニュース

小型衛星開発のアークエッジ・スペースがシリーズAで累計23億円を調達。体制の強化へ【宇宙ビジネスニュース】

【2022年4月7日配信】一週間に起きた国内外の宇宙ビジネスニュースを宙畑編集部員がわかりやすく解説します。