宙畑 Sorabatake

SPACEENGLISHの記事一覧

ニュース

「IoS」って何の略? 第12回「今週のSPACE ENGLISH」

3,000億円の市場価値を宇宙ビジネスに生み出す可能性を秘めている「IoS」とは。今週はこのキーワード関連の英単語が4つ登場しました。

ニュース

「O3b」って何の略? 第11回「今週のSPACE ENGLISH」

「O3b」はこれからの宇宙ビジネスのキーワードです。何の略か分かりますか? ヒントは通信衛星です。

ニュース

「plan」と「program」の違いは? 第10回「今週のSPACE ENGLISH」

『SpaceNews』を読んでいると「plan」と「program」がどちらも「計画」という意味で用いられています。そこには微妙なニュアンスの違いがありました。

ニュース

今話題の「SAR衛星」って何? 第9回「今週のSPACE ENGLISH」

最近日本のニュースでも海外のニュースでも「SAR衛星」がホットな話題のようです。

ニュース

「Iridium」のサービス名の由来は? 第8回「今週のSPACE ENGLISH」

第8回「今週のSpace English」で取り上げられた頻出英単語は比較的耳馴染みの良い英単語ばかりでした。

ニュース

「DoD」って何の略? 第7回「今週のSPACE ENGLISH」

『SpaceNews』を見ていると「DoD」という単語を頻繁に見かける。果たして「DoD」とは。なんとなく少年漫画にも登場しそうな略称です。

特集

「growing cost」ってどういうこと? 第6回「今週のSPACE ENGLISH」

「cost」が「grow」するってどういう意味? 「grow」ということはポジティブな意味のように聞こえるのですが……。

特集

「data(データ)」の語源、知っていますか? 第5回「今週のSPACE ENGLISH」

「今週のSPACENEWS」で紹介する英単語も今回で50個目となりました。お金やデータのお話などビジネス色がポツポツと出てきました。

特集

「international」と「global」の違いは? 第4回「今週のSPACE ENGLISH」

日本語では同じ意味のように聞こえても英語だと違うニュアンスとなってしまう単語があるようである。たとえばISSの頭文字のひとつである「international」も。

ニュース

「NASA」と「JAXA」の最後の”A”はなんの頭文字? 第3回「今週のSPACE ENGLISH」

第3回は宇宙開発のわくわくを支える鍵となる英単語が頻出しました。セットでご覧頂きたい書籍もご紹介しています。

ニュース

「station keeping」ってどういう意味? 第2回「今週のSPACE ENGLISH」

第2回も知っている単語が多いかも!? ただ、知っているようで知らなかった宇宙ビジネスならではの意味も……。

ニュース

英語が苦手な宙畑編集部員と学ぶ「今週のSPACE ENGLISH」はじめました

英語が苦手で海外のニュースを読んだり、英語のイベントに参加できないと悩む宙畑編集部員と一緒に宇宙英単語を勉強しませんか?