宙畑 Sorabatake

Pythonの記事一覧

解析ノートブック

地理空間情報を扱う上で知っておきたいPythonライブラリ、GeoPandas入門~応用編・衛星データと組み合わせ~

地理空間情報を解析する上で有用なPythonライブラリGeoPandas。後編では、衛星データとシェープファイルを組み合わせて解析することで、テーブルデータを作成することにチャレンジします。筆ポリゴンを任意の大きさのベクターデータで切り取り、切り取ったデータを用いて、衛星データをその範囲で取得し、NDVIの推移を求めます。

宇宙ビジネス

Pythonを使って人工衛星の軌道を表現する~軌道6要素、TLE~

人工衛星の軌道記事の第2弾!今回はPythonを使って人工衛星の軌道を表現していきます。

宇宙ビジネス

人工衛星の軌道の種類~目的地としての軌道と移動ルートとしての軌道~

人工衛星の軌道を3回に分けて学ぶ連載の最終回。人工衛星でよく使われる軌道についてひとつずつ解説していきます。

解析ノートブック

地理空間データを使ってまだ見ぬCanSatの投下場所を探せ!!~UNISEC×宙畑コラボ企画 10年越しの課題への挑戦~

大学・高専の学生が開発する模擬人工衛星「CanSat」。開発の過程でCanSatの実験場が少ないことが大きな障害となっています。これをPLATEAUの地理空間データを用いて解決しよう!という検証企画です。

衛星データ

COG(Cloud Optimized Geotiff)とは?~メリット、適用データ、使い方~ Tellus v3.0から適用される新しいデータ形式に迫る!

今、新たなデファクトスタンダードになりつつある衛星データ形式COGについて、詳しくお伝えします!

機械学習

衛星データとディープフェイク、CycleGANで生成した嘘のゴルフ場衛星画像は分類器を騙せるのか

CycleGANで生成した嘘のゴルフ場衛星画像で、以前宙畑で作成したゴルフ場が写っているか否かを判定する分類器を騙せるのか試してみました。

Tellusの使い方

Pythonとrasterioを使ってTellusのCOG形式の衛星データを取得する

Tellusで配信しているCOG形式の衛星データを、自分の任意のエリアだけ切り抜いて取得する方法を紹介します。

宇宙ビジネス

【宙畑5周年記念企画】宙畑の記事ランキングで振り返る宇宙ビジネス2017→2021

この5年間で宙畑で公開した記事は1,118本。5年分の記事と共に、宇宙ビジネスを振り返ります。