宙畑 Sorabatake

オープンデータの記事一覧

機械学習

Kaggleランカーの9人に聞いた、2020年面白かったコンペ9選と論文9選

9名のKagglerの方にアンケートにご協力いただき、2020年に面白かったコンペと論文を教えていただきましたのでその結果を紹介します。

機械学習

The 4th Tellus Satellite Challenge実施!~入賞者たちの手法を解説~

Tellus Satellite Challengeの第4弾「海岸線抽出」が行われました。本記事では、入賞者のアプローチを比較しながら眺めていき、他の(衛星)画像データコンペティションにも応用できるように手法をまとめていきます。

衛星データ入門

スサノオ神社がある場所は水害に遭いにくい? 御祭神に注目して衛星データで都内を見てみた

今回はスサノオを主祭神とする神社の中から東京に多く存在する「氷川神社」系列の神社、神仏習合の性質が強い「八坂神社」にしぼり、衛星データプラットフォーム「Tellus」を活用してわかる範囲で調査してみました。宇宙から神社を見るってなんだかすごい!

宇宙ビジネス

千葉市民の“困った”を直接行政に届ける「ちばレポ」! 行政xオープンデータ先行事例の今

街で見つけた課題をスマホから役所に報告できる取り組み「ちばレポ」。データ活用術を伺いました。

解析ノートブック

【漁業の今を知る】地球温暖化で魚は北上している!? 208漁港の魚種別漁獲量の時系列データをpythonで可視化

地球温暖化によって、獲れるはずの場所で魚が獲れなくなっている……。そんなニュースを知った宙畑編集部はオープンデータからその傾向が分かるのか調査してみました。

宇宙ビジネス

社会的課題の解決につながる? 衛星データが「社会的インパクト評価」に役立つ可能性を探ってみた

「社会的インパクト評価」とは、そもそもどんな評価手法なのでしょうか。また活用することで社会にどのように役立つのでしょうか。今回は宙畑編集部の田中が、「社会的インパクト評価」に詳しい、日本ファンドレイジング協会 常務理事の鴨崎貴泰さんにお話を伺いました。衛星データと社会的インパクト評価との接点を探ってみましょう。

Tellus

【Tellusマーケットが本格始動!】有料ツールの売買が可能に!表示速度などの機能もアップデート

今まで無料ツールのみが並んでいたTellusマーケットにいよいよ有料ツールが登場!さらに表示速度などの機能がアップデートされ、よりデータの比較や検索性が向上しました。様々なデータを見てみたいという人も、自社のツールを売ることができないかと考えてる人も、ぜひ今一度Tellusを触ってみませんか??

特集

衛星データを利用して理想の移住先探しはできるのか!?理想高めなOLの日本全国移住先探しの旅【後編】

衛星データを利用して、自分が理想とする条件に当てはまった土地、家に住むことはできるのかを検証しました。

宇宙ビジネス

今年は史上初のオンライン開催!SpaceApps Challenge2020 開催レポート

2020年10月3日(土)〜4日(日)にNASA International Space Apps Challenge (以下SpaceApps)が開催されました。SpaceAppsは、人工衛星などの宇宙のデータを活用して地球の課題を解決するハッカソンです。この記事では、各会場で生まれた作品を各オーガナイザが紹介します。

解析ノートブック

任意データの散布図作成! オープンデータを用いてお好みの市町村を探す方法

人口データと標高データの散布図作成方法を紹介し、他にも市町村別にどのようなデータを確認できると興味深いのかといったアイデアを紹介します。

特集

衛星データを利用して理想の家探しはできるのか!?理想高めなOLの日本全国移住先探しの旅【前編】

衛星データを利用して、自分が理想とする条件に当てはまった土地、家に住むことはできるのかを検証しました。

Tellus

【コード付き】Tellusで干渉SARをやってみた(山編)

地盤沈下などが分かる干渉SARをフルスクラッチで実装します。今回は、山などの起伏のある地形でやってみたいと思います。

Tellus

地理空間データを扱う前に知っておきたい地理空間データの心得

地理空間データは座標系やデータの種類、複数データの重ね方など、他のデータとは異なる点が多くあります。本記事では、そんな地理空間データの入門編として押さえて起きたいポイントをまとめました!

解析ノートブック

神戸の夜景は何万ドル?衛星データを使って実際に計算してみた

「100万ドルの夜景」の元となったと言われる神戸の夜景。実際にいくらなのか衛星データで計算してみました!

Tellus

衛星データを72時間で学ぶ!カリキュラムの実例紹介

本記事では、沼津高専で実施した、Tellusと宙畑を用いた授業カリキュラム及びその成果についてご紹介します。 学生が実際に受講し、最終成果物を発表した72時間で構成される講義の流れをそのまま掲載しますので、本記事に沿って学習することで、Pythonを扱ったことがない、もしくは初学者な方であっても、Pythonによる簡単な衛星画像処理をご自身でできるようになるでしょう。

Tellus

【SDGs×宇宙ビジネス】地方創生に向けて自治体の課題と宇宙産業にできること

世界規模の課題と定義されているSDGsに対し、日本の多くの企業もこの課題に取り組み始めています。どの課題に対して企業としてどのように取り組むか、ビジネスとイノベーションという視点でも注目されています。まだまだ解決しなくてはいけない課題が多い今だからこそ、宇宙産業にできることを見つけるチャンスかもしれません。

機械学習

【コード・データ付き】学習済みモデルを利用して手軽にゴルフ場が写っているかを判定できる機械学習モデルを作成する

学習済みモデルを利用した転移学習で機械学習モデルを作成することで、手軽に画像識別予測を行うことができるます。ゴルフ場が写っているか写っていないかの分類を例にコードと合わせて解説します。

Tellus

50日間に及ぶ「Tellus SPACE xData Fes. -Online Weeks 2020-」ついに閉幕。イベントを通して語られるTellus今後とは?

「Tellus SPACE xData Fes. -Online Weeks 2020-」の締めくくりは今までのコンテンツを振り返り、あらためて本事業のコンセプトや今後衛星データビジネスを生み出していくためにTellusとしてどのような役割を果たしていくのか。立ち上げ時から事業に関わる山崎と小笠原に、BusinessInsider Japanの伊藤編集長が聞いていきます。