宙畑 Sorabatake

AIの記事一覧

機械学習

【保存版】課題から探すAI・機械学習の最新事例52選

世の中の企業がどのように機械学習を活用しているのか事例を知り、業界全体や自社の目の前の業務で抱えている課題解決に活かせるかを考えるきっかけとなるよう、52種類の事例を紹介します。

宇宙ビジネス

【スマートシティとは?】トヨタを含む国内外11事例と関連技術を分かりやすく解説

スマートシティが実現すると、私たちの暮らしはどのように変化するのでしょうか。アムステルダムやコペンハーゲン、トヨタのWoven Cityなど国内外の事例や鍵となるテクノロジー、法政策をまとめました。

機械学習

SSDを用いて飛行機の物体検出にチャレンジしてみた

衛星データに機械学習を使って何か面白いことをしてみたい、そんな方へ。物体検出を試してみませんか? この記事では衛星データを用いて飛行機の物体検出にチャレンジしてみました。

Tellusのアップデート

なぜ日本初衛星データPF「Tellus」のデータビジネスに期待が集まるのか

2018年7月31日に発表された日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus」について、記者会見で語られた内容を紹介します。 そう言われ始めてから久しいが、日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」をご存じだろうか。

機械学習

Kaggleランカーの7人に聞いた、2021年面白かったコンペ7選と論文7選

7名のKagglerの方にアンケートにご協力いただき、2021年に面白かったコンペと論文を教えていただきましたのでその結果を紹介します。

機械学習

【Kaggleコンペ解説連載】衛星画像による海氷と船舶の識別

データサイエンスコンペkaggleで実施された、衛星画像からの海氷と船舶抽出について、上位入賞者3名の解析手法について解説します。

機械学習

衛星データに雲が映っているか否かの画像分類を4つの手法で精度比較してみた

機械学習、AIなど最近はよく耳にしますよね。今回は衛星データに対して、機械学習の基本的なモデルをいくつか試してみようと思います。

機械学習

シャープ独自開発の深層学習モデルによる衛星画像の超解像処理

超解像とは、元々の画像の解像度を擬似的に上げる技術のことです。機械学習分野における超解像は注目分野のうちの一つですが、衛星画像に超解像を適用するとどうなるのか、その技術や将来性について、シャープ株式会社研究開発事業本部 通信・映像技術研究所 第三研究室 課長・猪飼知宏さん、研究員・佐々木瑛一さんに伺ってきました。

機械学習

超解像×衛星画像でできること。関連論文の紹介とTellusでやるには

衛星画像を超解像することでどのようなことができるようになるのか、論文も合わせてご紹介。Tellusでの衛星画像の超解像方法についても解説するので、ぜひチャレンジをしてみてください!

機械学習

論文解説:リモートセンシングにおける深層学習のトレンド

「リモセンと深層学習の課題とトレンド」を知る上で、よくまとまっている2017年の論文"Deep learning in remote sensing: A comprehensive review and list of resources."がありましたので、この論文の解説をします。

機械学習

DeepLearning×SAR画像で王道の物体検出を実装!(アノテーションから学習、識別までの全工程を解説)

本稿ではSAR画像のアノテーションを行い、未学習のSAR画像を入力すると自動で物体検出(今回は橋)する識別機をDeep LearningのReal-Time Object Detection(高速処理)技術を用い実装していきます。

機械学習

第4回Tellus Satellite Challenge開催!テーマは「海岸線抽出」

衛星画像を用いたセグメンテーションのコンペ第4回Tellus Satellite Challengeについて、コンペの詳細と参考になる論文や資料をまとめました。

ビジネス事例

山の天気が変わりやすい理由について、AMeDASと衛星データを用いて確認してみた

山の天気が変わりやすいと聞いたことはあるけれど、なぜ? 通説について、AMeDASのデータを用いて考察してみました。

機械学習

船舶の物体検出!第2回衛星データ解析コンテスト上位入賞者の解析手法紹介!

衛星データを用いた船舶検出アルゴリズムコンペ「Tellus Satellite Challenge」の上位3名の解析手法をご紹介します。

機械学習

SAR画像から光学画像への変換をpix2pixで実装して、作った生成器で別のSAR画像を分析してみた

画像生成アルゴリズムとして近年話題に上がることの多いGANを用いて、直感的に分かりにくいSAR画像を光学画像に変換することにチャレンジしてみました。

Tellus

駐車場に使える場所を衛星データで自動検出。akippa、Ridge-i、さくらインターネットが取り組むサービス化の課題と改善点

8月4日のトークセッションでは、駐車場に使える場所を衛星データで効率的に見つけ出すアルゴリズムを開発するakippa、Ridge-i、さくらインターネットの取り組みが発表され、今後のサービス化の課題や今後の取り組みについてシャープの超解像技術も課題解決の例として取り上げながらディスカッションを行いました。

機械学習

成功!!複素ニューラルネットワーク(CxNN)を実装して衛星データから物体検出をしてみる

単なる画像としてではなく、電波の位相情報も取り扱うために複素ニューラルネットワークを用いて、SARデータの物体検出を行います。

機械学習

データ数の少ない衛星データに対応!人工合成データを用いた機械学習論文解説

衛星データはデータ数が少ない。そんな問題に対応すべく人工的に教師画像とアノテーションを作るという方法を衛星画像に適用した事例をご紹介します!